HOME > 仙台探偵マガジン > コラム > 笑顔でクレーム

仙台探偵マガジン

< 愛がないと生きていけない?  |  一覧へ戻る  |  体育館の法則 >

笑顔でクレーム

ファミレスで打ち合わせの後、食事をすることに・・


サイドメニューでクラムチャウダーを注文した。


ところがそれが来ないうちにメインディッシュが来てしまいました。


ちょっとイラッとしましたがまぁそのうち来るだろうってことで食べ 始めたのです。


間もなくウエイトレスがクラムチャウダーを運んできた。


しかし

『お待たせ いたしました』

の言葉もなくクラムチャウダーを無造作にテーブルに置くと

『以上でご注文の品はお揃いでしょうか』


...。

そこで一口

...生ぬるい。

明らかに冷めていた。

厨房ではスープ類は大量に作 り置きして、常時冷めないように加熱しているはず... 。

なのにヌルい


原因は、厨房ではなくホールの人間のミスだ な。

待たされた挙げ句に冷えたスープ...先ほどの接客態度。


普通なら間違いなくキレるところだが今回ははじめて の大人のクレームに挑戦。


笑顔でウエイトレスを呼んだ。


私『これ、冷めてるね』


あくまで笑顔で手にした皿を指差した。


ウエイトレス『大変失礼いたしました。すぐに御作り直しいたします』


雰囲気は悪くならなかった。


大抵の場合 こんな時はお互い気分が良くない。


しかし、今回はとてもスマートな流れに治まった。


うーん我ながら大人の振舞い。


はじめての笑顔でクレーム!!



これは使える!



いい年をして遅ればせながら確かな手ごたえを感じた瞬間でした。


カテゴリ:

タグ:

< 愛がないと生きていけない?  |  一覧へ戻る  |  体育館の法則 >

同じカテゴリの記事

女性は浮気を人に話したい!?

互いに好意を持った男女が、深い関係になる。

それだけの話であれば、誰もが羨むシチュエーションかもしれない。
ただし、それが浮気・不倫であったとしたら、決して誉められる行動ではなく自慢できるような
話でもないが、秘め事を人に話したくなってしまうのは人の性。


イギリスのある出会い系サイトが実施したアンケートが興味深い。

「浮気をしたとき、人はそれを他人に話さずにいれるのか」

このアンケートでは、多くの男性は隠す傾向にあるのに対し、女性は4割程度が

女性は浮気を人に話したい!?の続きを読む

「別れさせ屋」について

一時期テレビ番組やドラマで紹介されたことで「別れさせ屋」が急増しました。 
大半が探偵業者が手がけており、通常の調査業務費用の10倍以上にもなる費用を
請求することもあります。

一般的に「別れさせ」は、依頼者と探偵社がシナリオを考え、男性調査員が
浮気手の女性を誘惑したり、女性調査員が夫に接触したりして、擬似恋愛を
仕掛けて別れさせるという方法です。

この「別れさせ」は違法性が高いと言われながら、法規制がありません。
ただ、別れさせるための工作の中で、エスカレートし刑事事件になるケールも
多あり警察当局が警戒を強めています。

「別れさせ屋」についての続きを読む

浮気をする確率が5倍の男性とは・・・

一般的に浮気に走りやすいのは経済力のある男性だと思われがちだ。

しかし、米大学の博士課程で社会学を専攻する者の調査で、実はパートナーより収入が少ない
男性の方が浮気をする確率が高いということが発表されている。
(調査は18歳から28歳の夫婦および同居中のカップルを対象に行われた)

全く収入がない、または収入がパートナーよりも低い男性は、
パートナーと同程度の収入がある男性より浮気をする確率が5倍も高かったとのこと。

浮気をする確率が5倍の男性とは・・・の続きを読む

宮城県で1日12件

平成21年度の宮城県の離婚件数4523件

参考URL人口動態統計
http://www.pref.miyagi.jp/iryou/HOKEN/%EF%BC%A821jinkoudoutai/H21%20gaisu%20toukeihyo.pdf

なんと一日12.4件の離婚件数がある。
平成元年前後の約倍に増加している。

主な理由は性格の不一致、 配偶者の暴力、異性関係などが挙げられるが20年間に倍の件数というのは

世代による離婚に対する意識が年々変わってきているということなのでしょう。

良い悪いは別にして、結婚は当事者の問題であるものの親の意見というのも昔と今ではだいぶ違う。

宮城県で1日12件の続きを読む

夫婦喧嘩を笑いで乗り切るある夫の話

その夫婦は28歳の夫に二つ年上の30歳の妻
学生時代からの付き合いで結婚し3子を儲けた

しかし、夫が酒を飲んで帰るのを妻は嫌ったお酒

やたら機嫌が良く帰ってきては子供たちにちょっかいをかけてからかったり
妻にいつになくべたべた付きまとったりするという

そんな時大抵の場合ほんの些細なことで妻が不機嫌になり喧嘩腰の物言いから
口論に発展する

しかし、妻はなかなか気丈な女性で一度喧嘩すると夫が謝るまで何日も口を利かない強情な面がある


夫は悪気はないのだから合点はいかないが、口も利かないといろいろ不便もある

夫の中では

(どうせいずれ仲直りするんならいつまでもこうしてたって仕方ないだろう)

という思いがある

難しい話をしたってややこしくなるだけ

とりあえず悪気はないが謝ってみるしょぼん

夫婦喧嘩を笑いで乗り切るある夫の話の続きを読む

このページのトップへ