HOME > 仙台探偵マガジン > アーカイブ > 2011年9月アーカイブ

仙台探偵マガジン 2011年9月アーカイブ

離婚の慰謝料

不法行為によって受けた精神的損害を償うための金銭

しかし、故意や過失がなかった場合は発生しません。

例えば夫が浮気相手の女性に独身と偽って交際した場合。
これは、浮気相手の女性は配偶者がいることを知らなかったので非がないということになりますが、知らなかったことを証明するとなるとなかなか難しい場合もあります。なぜなら注意すればわかったはず。

といわざるを得ない状況。


長期間交際していたのに自宅を教えない男性に違和感を感じなかったのか。
同じ職場にいて共通の知人がいるにも関わらず自分だけ既婚者だと知らなかった。
などは、故意はなくても過失があったと認められます。


故意や過失により他人の円満な家庭を崩壊させる原因を作ったという違法性は免れません。
配偶者の浮気は精神的な苦痛により平穏な生活を乱し、健康被害に及ぶこともある非常に悪質な行為なのです。

一時の感情で他人の生活(精神的平和)を犯すことは当然社会的責任を追及されてしかるべきです。


しかし、既に婚姻関係が破たんしていた場合はこの限りではありません。
近年、インターネットなどでも簡単に情報が手に入る世の中になり、誠意よりも方をかいくぐる理論武装をして責任を逃れようとする人が増えています。


どんなに世の中が変わっても、やはり自分の犯した罪はいさぎよく認め、償うことが人の道ではないでしょうか。

1

« 2011年8月 | メインページ | アーカイブ | 2011年10月 »

このページのトップへ