HOME > 仙台探偵マガジン > コラム > 離婚の慰謝料

仙台探偵マガジン

< 面談相談の禁止事項  |  一覧へ戻る  |  『頑張ろう日本』応援プロジェクト開催 >

離婚の慰謝料

不法行為によって受けた精神的損害を償うための金銭

しかし、故意や過失がなかった場合は発生しません。

例えば夫が浮気相手の女性に独身と偽って交際した場合。
これは、浮気相手の女性は配偶者がいることを知らなかったので非がないということになりますが、知らなかったことを証明するとなるとなかなか難しい場合もあります。なぜなら注意すればわかったはず。

といわざるを得ない状況。


長期間交際していたのに自宅を教えない男性に違和感を感じなかったのか。
同じ職場にいて共通の知人がいるにも関わらず自分だけ既婚者だと知らなかった。
などは、故意はなくても過失があったと認められます。


故意や過失により他人の円満な家庭を崩壊させる原因を作ったという違法性は免れません。
配偶者の浮気は精神的な苦痛により平穏な生活を乱し、健康被害に及ぶこともある非常に悪質な行為なのです。

一時の感情で他人の生活(精神的平和)を犯すことは当然社会的責任を追及されてしかるべきです。


しかし、既に婚姻関係が破たんしていた場合はこの限りではありません。
近年、インターネットなどでも簡単に情報が手に入る世の中になり、誠意よりも方をかいくぐる理論武装をして責任を逃れようとする人が増えています。


どんなに世の中が変わっても、やはり自分の犯した罪はいさぎよく認め、償うことが人の道ではないでしょうか。

カテゴリ:

< 面談相談の禁止事項  |  一覧へ戻る  |  『頑張ろう日本』応援プロジェクト開催 >

同じカテゴリの記事

不倫・浮気の証拠とは

「配偶者のある者が配偶者以外の異性と、自由意思で肉体関係をもつこと」

配偶者が異性と食事をした。メールや電話をした。デートした。キスをした。
などの行為は民法上の不貞行為には該当しません。

浮気された側としては、なんとも納得しがたいですよね。
その他、同性愛者と肉体関係にあったとしても法律的な不貞行為にはならないのです。

では、異性と自由意思で肉体関係をもった。
不倫を認めない配偶者に慰謝料を請求するためには証拠が必要です。


しかし、証拠を押さえる為に肉体関係の実態を写真などの動かぬ証拠を押さえることが必要だとすれば、様々な問題が生じます。


浮気相手の部屋に盗聴器を仕掛ける?
配偶者の寝室に隠しカメラを仕掛ける?


このような方法で得た証拠(盗聴した会話、盗撮した肉体関係の映像)などは裁判所では証拠として採用しません。

では不倫の証拠など押さえることはできないのでは?
法律は、肉体関係そのものの映像など不法行為を犯さなければ得られない証拠を求めていません。
第三者から見た客観的物的証拠。


例えば、ラブホテルに何時間もいた。異性ひとりの部屋に深夜何時間も滞在した。
このような証拠が一度ではなんらかの言い逃れをされてしまう場合がありますが、複数回、一定以上の期間関係が続いていたことを証明できる映像や写真があれば、不貞事実の証拠として採用されます。

メールのやり取り、通話履歴なども併せれば証拠としての効果は上がります。


要するに何の利害関係もない第三者が見て
「これはどう考えてもこれは肉体関係があったと思われても仕方がないでしょう」

という内容の証拠があればよいのです。

婚約に関するトラブル

婚約とは 真実夫婦として共同生活を営む意思

「婚約は口約束でも成立します。」

婚約という特別の儀式婚約指輪の授受、結納などの手順を踏まなくても、婚約した当事者が将来夫婦になろうと合意したことで成立します。

民法上の規定はありませんが、精神誠意将来の結婚を約束して交際関係にある状態であるといえます。

但し、将来夫婦になる合意を誠心誠意から約束するものでなければ成立しません。

婚約関係にあったことをどのように判断するのか、成年者であり、親兄弟にも明らかにされたかどうか。

継続的な性関係にあったかどうかなどが判断基準として挙げられます。

また友人や近所、職場関係など周りの人から認知されているといった公然性も重要なポイントになります。

義務と慰謝料

婚約後に相手が誠意がなく義務をおこたれば当然、財産的損害の賠償、精神的損害の賠償(慰謝料)を請求することができます。

他の異性と性的関係をもつなどの不貞行為を行えば婚約を破棄され、慰謝料を請求されることもあるのです。

しかし・・

いざ慰謝料を請求された相手が誠意をもって対応してくれるとは限りません。

慰謝料を払いたくないあまりに、婚約の事実などなかった。などと開き直るケースも少なくありません。

もしも相手方に不貞などの事実の疑いがあれば、証拠を押え言い逃れができない状況を作った上で、婚約関係があきらかになる証拠を準備し

ておくことが重要です。

一方的な婚約破棄なども同様に慰謝料請求の対象になります。

ほとんどすべての場合、誠意がないのが現実です。

「私の場合、婚約が成立しているのか?」

「どうやって婚約破棄の慰謝料を請求すれば良いのか」

様々な不安や疑問があると思います。

まずはご相談下さい。

 

女性は浮気を人に話したい!?

互いに好意を持った男女が、深い関係になる。

それだけの話であれば、誰もが羨むシチュエーションかもしれない。
ただし、それが浮気・不倫であったとしたら、決して誉められる行動ではなく自慢できるような
話でもないが、秘め事を人に話したくなってしまうのは人の性。


イギリスのある出会い系サイトが実施したアンケートが興味深い。

「浮気をしたとき、人はそれを他人に話さずにいれるのか」

このアンケートでは、多くの男性は隠す傾向にあるのに対し、女性は4割程度が

女性は浮気を人に話したい!?の続きを読む

「別れさせ屋」について

一時期テレビ番組やドラマで紹介されたことで「別れさせ屋」が急増しました。 
大半が探偵業者が手がけており、通常の調査業務費用の10倍以上にもなる費用を
請求することもあります。

一般的に「別れさせ」は、依頼者と探偵社がシナリオを考え、男性調査員が
浮気手の女性を誘惑したり、女性調査員が夫に接触したりして、擬似恋愛を
仕掛けて別れさせるという方法です。

この「別れさせ」は違法性が高いと言われながら、法規制がありません。
ただ、別れさせるための工作の中で、エスカレートし刑事事件になるケールも
多あり警察当局が警戒を強めています。

「別れさせ屋」についての続きを読む

このページのトップへ