HOME > 仙台探偵マガジン > 恋愛 > 婚約に関するトラブル

仙台探偵マガジン

< 『頑張ろう日本』応援プロジェクト・キャンペーン詳細内容  |  一覧へ戻る  |  不倫・浮気の証拠とは >

婚約に関するトラブル

婚約とは 真実夫婦として共同生活を営む意思

「婚約は口約束でも成立します。」

婚約という特別の儀式婚約指輪の授受、結納などの手順を踏まなくても、婚約した当事者が将来夫婦になろうと合意したことで成立します。

民法上の規定はありませんが、精神誠意将来の結婚を約束して交際関係にある状態であるといえます。

但し、将来夫婦になる合意を誠心誠意から約束するものでなければ成立しません。

婚約関係にあったことをどのように判断するのか、成年者であり、親兄弟にも明らかにされたかどうか。

継続的な性関係にあったかどうかなどが判断基準として挙げられます。

また友人や近所、職場関係など周りの人から認知されているといった公然性も重要なポイントになります。

義務と慰謝料

婚約後に相手が誠意がなく義務をおこたれば当然、財産的損害の賠償、精神的損害の賠償(慰謝料)を請求することができます。

他の異性と性的関係をもつなどの不貞行為を行えば婚約を破棄され、慰謝料を請求されることもあるのです。

しかし・・

いざ慰謝料を請求された相手が誠意をもって対応してくれるとは限りません。

慰謝料を払いたくないあまりに、婚約の事実などなかった。などと開き直るケースも少なくありません。

もしも相手方に不貞などの事実の疑いがあれば、証拠を押え言い逃れができない状況を作った上で、婚約関係があきらかになる証拠を準備し

ておくことが重要です。

一方的な婚約破棄なども同様に慰謝料請求の対象になります。

ほとんどすべての場合、誠意がないのが現実です。

「私の場合、婚約が成立しているのか?」

「どうやって婚約破棄の慰謝料を請求すれば良いのか」

様々な不安や疑問があると思います。

まずはご相談下さい。

 

カテゴリ:

タグ:

< 『頑張ろう日本』応援プロジェクト・キャンペーン詳細内容  |  一覧へ戻る  |  不倫・浮気の証拠とは >

同じカテゴリの記事

リレーの恋愛ルール

リレーの恋愛(=⌒▽⌒=)

いいでしょう(笑)


誰かとダメになりつつ誰かと恋愛をはじめて・・・

誰かと恋愛をしつつ、誰かを忘れる・・・


恋愛の常套手段でしょう

正直に自分の心に素直になって


答えがYESだったら


すべて肯定しましょう

リレーの恋愛ルールの続きを読む

老いても・・少女

ダブル不倫をしているという65歳の女性

お付き合いしている彼は70代

病気がちな奥様と愛人を持ち彼女とも二週間に一度は逢瀬を重ねているという。

「連休にはどこか遠出しような」

昼下がりのベッドで彼に誘われた。

ふだん は、彼とのデートは2~3時間程度

彼女はそんな彼の誘いに有頂天になった。

老いても・・少女の続きを読む

愛がないと生きていけない?

ボタンインコは別名ラブバードと言われるほど愛情豊かで人にもよくなつく鳥です。

私はペットショップの店員さんに餌付けされた生後2か月のボタンインコを購入しました。


その店員さんは自分でもボタンインコを飼っていてとても大切に育てていました。


私に小さなキャリーに入ったご自身の愛鳥を見せてくれました。


私は餌付けされたボタンインコを連れて帰り、『ラブ』と名付け可愛がりました。


ラブはカゴから出すといつも私の肩や頭に乗って愛らしく私の耳たぶを甘噛みしました。


何度、放り投げてもブーメランのように必ず飛び返ってきました。


愛がないと生きていけない?の続きを読む

母性本能の強い女性

いわゆる母性本能の強い女性は騙されやすい
なぜなら母が子にそそぐべき母性愛を異性である男性に与えるからだ

男と女の愛情は一方通行ではない
互いが互いに与え合って初めて成立する愛の形だ

簡単に言うと母親が乳飲み子にそそぐ愛情は見返りを求めない

男女が相手にそそぐ愛情は見返りを求める

母性本能の強い女性の続きを読む

このページのトップへ