HOME > 仙台探偵マガジン

仙台探偵マガジン

面談相談の禁止事項

以下の場合のご相談はお受けすることができません。

•ご本人以外の方からのご相談(同席は親・兄弟姉妹のみ)
個人のプライバシーを遵守する上で第三者の同席はお断りしております。

•悪意あるご相談(違法行為の依頼や相談)

•利己的な事由により相手を陥れるなどの悪質で公序良俗に反する依頼。

•誹謗中傷行為、名誉棄損に抵触する行為に関する依頼相談。

•同業他社のなりすまし相談(発覚した場合は、業務妨害等により損害賠償を請求します。)

女性は浮気を人に話したい!?

互いに好意を持った男女が、深い関係になる。

それだけの話であれば、誰もが羨むシチュエーションかもしれない。
ただし、それが浮気・不倫であったとしたら、決して誉められる行動ではなく自慢できるような
話でもないが、秘め事を人に話したくなってしまうのは人の性。


イギリスのある出会い系サイトが実施したアンケートが興味深い。

「浮気をしたとき、人はそれを他人に話さずにいれるのか」

このアンケートでは、多くの男性は隠す傾向にあるのに対し、女性は4割程度が

女性は浮気を人に話したい!?の続きを読む

「別れさせ屋」について

一時期テレビ番組やドラマで紹介されたことで「別れさせ屋」が急増しました。 
大半が探偵業者が手がけており、通常の調査業務費用の10倍以上にもなる費用を
請求することもあります。

一般的に「別れさせ」は、依頼者と探偵社がシナリオを考え、男性調査員が
浮気手の女性を誘惑したり、女性調査員が夫に接触したりして、擬似恋愛を
仕掛けて別れさせるという方法です。

この「別れさせ」は違法性が高いと言われながら、法規制がありません。
ただ、別れさせるための工作の中で、エスカレートし刑事事件になるケールも
多あり警察当局が警戒を強めています。

「別れさせ屋」についての続きを読む

浮気をする確率が5倍の男性とは・・・

一般的に浮気に走りやすいのは経済力のある男性だと思われがちだ。

しかし、米大学の博士課程で社会学を専攻する者の調査で、実はパートナーより収入が少ない
男性の方が浮気をする確率が高いということが発表されている。
(調査は18歳から28歳の夫婦および同居中のカップルを対象に行われた)

全く収入がない、または収入がパートナーよりも低い男性は、
パートナーと同程度の収入がある男性より浮気をする確率が5倍も高かったとのこと。

浮気をする確率が5倍の男性とは・・・の続きを読む

宮城県で1日12件

平成21年度の宮城県の離婚件数4523件

参考URL人口動態統計
http://www.pref.miyagi.jp/iryou/HOKEN/%EF%BC%A821jinkoudoutai/H21%20gaisu%20toukeihyo.pdf

なんと一日12.4件の離婚件数がある。
平成元年前後の約倍に増加している。

主な理由は性格の不一致、 配偶者の暴力、異性関係などが挙げられるが20年間に倍の件数というのは

世代による離婚に対する意識が年々変わってきているということなのでしょう。

良い悪いは別にして、結婚は当事者の問題であるものの親の意見というのも昔と今ではだいぶ違う。

宮城県で1日12件の続きを読む

探偵のひとりごと ◆密度の法則

例えば小さな水槽にたくさんの魚を入れる
密度の高い水槽は魚でいっぱいになる
魚たちはところせましと泳ぎまくるから互いにぶつかる
酸素も足りない餌も足りない

少しでも弱った魚がいればつつきはじめる。
弱った魚は背びれも尾びれもボロボロ

非力な者はポンプに吸い込まれ貼りついている
腹を向いて浮かんでいる者もいる

でも誰も知らぬふり


探偵のひとりごと ◆密度の法則の続きを読む

仙台市青葉区 Bさん 失踪の理由vol.2

※当社プライバシーポリシーに従い、個人名・団体名・社名等は変更して記載させて頂いております。


捜索を開始して4日目だった。

私は彼の書斎にいた。

何か手掛かりになるものはないのか。

焦りを覚え始めていた。

携帯電話の発着信履歴やその他の情報からもこれといった手掛かりになるものはなかっ た。

私はそれが気になっていた。

人が自らの意思で行方をくらます場合は手掛かりをすべて消そうとしてもなんらかの痕跡が 残ってしまう。

しかし、彼の残した痕跡は家族に残した遺言とも取れる置手紙ひとつ。

これが本当に死を覚悟した者が取る行動であることを経験上知っていた私は最悪の事態を予測していた。


仙台市青葉区 Bさん 失踪の理由vol.2の続きを読む

仙台市青葉区 Bさん 失踪の理由vol.1

※当社プライバシーポリシーに従い、個人名・団体名・社名等は変更して記載させて頂いております。


依頼人は30歳の男性62歳になる父親と母と同居していた。

相談の内容は父親の失踪だった。

息子宛に残された書き置きに は、こう記されてあった。

「母さんのこと、家のことは任せた。父より。」

息子は父の携帯に電話をかけたが電波の入らない場所か電源が入っていないとのガイダンスが流れた。

警察に捜索願を出した。

警察はこれを受理したが、事件性がないとして 捜索活動は行わないという回答だった。

一晩経っても父からはなんの連絡もない。

父親の失踪から三日後、電話を受けた私は 早速依頼人の自宅に駆け付けた。

昨晩は一睡もしていない家族の目は充血していた。


仙台市青葉区 Bさん 失踪の理由vol.1の続きを読む

探偵のひとりごと ◆99点の法則

99点というテストの採点結果は、100点に限りなく近いだけに悔しい。

いつも60点の生徒が59点だった場合の1点よりも何倍も重く悔しい1点だ。

これがいろいろと当てはまる。

ゴルフやその他のスポーツのスコア、ゲームも同じ。

そのことに対する意識の高さと比例しているかもしれない。


限りなく完璧に近い美しい女性の1つのシミは本人にとって普通の女性の何倍も気になるという。

探偵のひとりごと ◆99点の法則の続きを読む

探偵のひとりごと ◆昔の大人は偉かった vol.2

子供たちは喧嘩の仕方も仲直りの仕方も知らないまま成長していく。

僕の小学校一年生の担任の先生は新任の女性教師だったが実に爽やかな先生だった。

子供たちが喧嘩を始めると決まって生徒達に机を下げさせた。

腕組みをして事の成り行きをじっと見ている。

そして、頃合いを見て制止した。

互いに謝らせた。そして最後は握手で仲直りの儀式をさせたのだ。

ボクシングやK1などの試合後、選手が抱き合ったりお互いを讃え合う姿に似ている。
お互い本気の力をぶつけ合い気が済むまでやりあった者同士にしか伝わらない、相手に対する敬意が生まれるのだ。

探偵のひとりごと ◆昔の大人は偉かった vol.2の続きを読む

<<前のページへ1234567

アーカイブ

このページのトップへ