HOME > 個人様向け調査項目 > ストーカー対策

個人様向け調査項目

ストーカー対策

ストーカー対策Q&A

宮城県仙台市でも100万を越える政令指定都市という人口増加に伴い近年ストーカー被害が急増しています。 被害の相談件数も浮気・不倫調査と同様、ご相談内容の上位を占めています。

仙台市内でチェーン展開している飲食店の20代の女性従業員100名にストーカー被害のアンケート調査を実施したところ、実に30パーセントの方が具体的な危害を加えられないもでも

「帰宅途中、家までつきまとわれた。」
「ストーカーに写真を撮られた。」

などの不快な経験を持っていることが判明しました。
3パーセントは深刻なケースであり

「元交際相手のストーカーに会わないと写真をバラまくと脅された」
「ストーカーにベランダに侵入された」

という回答結果でした。

特に仙台市は東北の中心部であり宮城県全体の約半分の人口の集中する都会であるため、特有の近所づきあいの希薄さが犯罪を助長させる傾向にあるようです。一人暮らしの女性などは特に注意が必要です。


主な調査内容

  • ストーカー被害の実態を調査し被害状況の証拠を収集
  • ストーカー犯がどこの誰であるか不明の場合、犯人の身辺調査を行い特定
  • ストーカー犯からの防衛対策
  • ストーカー犯からの身辺警護(ボディガード)
  • ストーカー犯との連絡
ストーカー行為とは?
  • つきまとい等(待ち伏せや自宅・勤務先に押し掛ける
  • 行動を監視している事を相手に告げる
  • 面会、交際などを執拗に要求する
  • 罵声を浴びせるなどの粗野な振る舞い
  • 無言電話や拒否を無視した
  • しつこい電話
  • 不快感・嫌悪感を抱くものを送付する
  • 名誉を傷つけることを告げる
  • 性的羞恥心を害することを告げる (文書・図画を送付する)
また、ストーカー法では、相手に不安を覚えさせる行為も禁止されています。

  • 体を傷つけられる。
  • 平穏な生活ができなくなる。
  • 家族や友人などに被害を加える等。

ストーカー対策Q&A

ストーカーって見知らぬ人のつきまといが多いんですか?

ストーカー犯罪の元交際相手や配偶者による面識のある相手が全体の60%以上を占めるといわれています。

ストーカーって精神異常者や変質者なんでしょうか?

いいえ、ごく普通の犯罪歴もないような人がストーカー犯罪をおこなうケースがほとんどです。

なぜストーカー行為をするのでしょうか?

ストーカー行為は相手に対する好意から始まることが多いのが特徴です。

ストーカー対策Q&A

「自分が好意を抱いているのと同様に相手も自分に好意を抱いている」

ストーカー対策交際相手が別れた後にストーカー変貌する、元夫が復縁を迫った挙句につきまといエスカレートするといったストーカー犯罪は相手に対する一方的な好意を押し付け、相手が自分の思うようにならないと執拗につきまとい、相手に対する脅しや嫌がらせを続けるのです。

ボクが好きだから君もボクが好きなはずだ

しかしそれが相手に否定されると

そんなことない、本当の君の気持ちはボクにあるんだよ
ボクだけが君を理解し君はボクを愛してるんだよ

どうしてわからないんだ
早く気づいてくれ、なぜ電話にも出てくれないんだ?
そうか男と一緒なんだな
今頃あの男とセックスしてるんだろう
あんな奴にだまされて今頃・・
許せないどうしても電話に出ないなら
ボクの怖さをわからせてやる

彼の行為はどんどんエスカレートしていった

「昨日はずいぶん早くねたんだね」
「あの店のケーキは評判がいいんだよね。おいしかった?」
「君といつも一緒にいる○美、ああいう娘は君をだめにするね」
「どうしていつも派手なカッコしてるの?そんなにセックスが好きなの?」
「ボクのプレゼント受け取ってくれた?君の大好きな男の人のアレだよ」

メール、無言電話、ファックス、待ち伏せ、つきまとい、あらゆる手段で彼女を追い詰めた
憎しみではなかった 彼女が好きで好きでどうしようもなかった
彼女が自分に対して好意を抱いていないという現実を受け入れたくなかった
しかしどんなに思いが強くても彼女が同じ気持ちでないと知った
そして憎しみに変わった
困らせたかった ボクがいなくては幸せになれないと思い知らせたかった

このようなケースは実に多い

過去に交際した場合や結婚していた相手から受ける被害も例にもれず心理状態は酷似している。


ストーカー対策ってどうすればいい?

ストーカー対策ってどうすればいい?その壱 ひとりで解決しようとしない
過去につきあった相手であったり一時は恋愛関係にあった場合などは、自分で正面から向き合えば、話し合ってわかってもらえるはず、第三者などいれることは人間として道理に反している(または感情を逆なでする)のではないか。 はじめのうち被害者はそのように考えたりするがストーカーにそのような道徳論は焼け石に水といったところで(二人きりで話し合う=彼女に近づける絶好のチャンス)でしかない。 もともと思い込みの強い性格がストーカー行為に走らせている相手である。会えばどんなに毅然として断っても(これも愛情の裏返しか)などと勝手に解釈し持ちますます期待を膨らませ、思うようにいかないと逆恨みが倍増するだけである。 一対一で正々堂々とはまったく効き目がない。それどころかストーカー行為を増長させる危険が大きいのです。

その弐 思わせぶりな態度をとらない
ストーカーの被害者に原因の一端があるとすれば、人間的優しさが弱さとなって初期の段階で、あるいは延々とはっきりとした態度を示すことができず、あいまいな態度をとってきたために、ストーカーされる結果となる。 言葉はやさしくてもはっきりとした意思表示が初期段階にはかなり有効である。

その参 おびえている様子を見せない

どんどんエスカレートするストーカー行為はあなたが怯え、逃げようものならさらに深みにはまる。ストーカーは思い通りにならないあなたを困らせることでますますあなたが遠ざかることを知っていながら、自己愛を押し付けてくる性格を持っているのです。

あなたがおびえ、恐れをなしたことで思い通りにならないゆがんだ愛情を相殺しているのです。あなたが反応すればするほど思い知ったかとばかりにエスカレートしてきます。 無反応であることを装うのもある段階では有効です。

その四 被害事実の証拠を記録、蒐集する
ストーカー被害はストーカー規制法に抵触する行為があっても警察が犯人検挙にいたるまではなかなか立件しづらいのも特徴です。 理由はストーカー犯が元の交際相手や配偶者の場合が多いので管轄警察署の生活安全課に被害相談しても痴話げんかを警察沙汰にするのは大げさだという解釈をする場合も多いのです。

つまり警察は民事不介入が大原則ですから刑事と民事の非常にすれすれのラインがストーカーやDV防止法にはいえることなのです。また担当した警察官の判断で対応しているので警察官の性格個々によって親身に対応してくれたりそうでなかったりという個人差が出ているようです。

しかし最大の理由は証拠がないために具体的な事件の被害が立証できないためでしょう。メールやファックスはもちろん、郵便物やドアを壊す、タイヤを裂くなどの器物損壊、庭先やベランダに侵入する写真、映像、電話の会話録音などあらゆる被害状況を物的証拠として蒐集することが警察に捜査を要請する。または法的に訴えるためには有効なのです。 

今すぐ悩みから開放されたいと思ったら

宮城県信用調査機構では、あなたが問題を解決したい!今すぐこの悩みから開放されたい!と思ったとき、 社員一丸となり全力をあげ問題解決のためのサポートをします。

担当相談員がメール・電話であなたからのご連絡を24時間、年中無休体制でお待ちしています。

年中無休・24時間受付中 0120-007-045 浮気・不倫専用ご相談 トラブルご相談

このページのトップへ